Marius Fabre

Marius Fabre

 

Marius Fabreは、1900年、わずか20歳でサロンドプロバンスに石鹸工場を設立しました。

彼は家の庭の裏に小屋を作り、石鹸を作る2台の釜だけで始まりました。

サロンドプロバンスは1873年に鉄道が開通したことでオリーブオイル、石鹸、コーヒーの製造と貿易によって大きな経済的繁栄の時期を迎えていました。

 

第二次世界大戦時は、原材料の大幅な不足により、生産が減少してしまいましたが、Marius Fabre石鹸工場は新しい商業対策でその苦難を乗り越えました。

 

多くの石鹸工場が閉店していますが、Marius Fabre石鹸工場はイノベーションのおかげで数々の困難を克服しています。

1960年代、Marius Fabreは、マルセイユの有名なブランド La saint familleを買収しました。

 

2010年、Marius Fabre石鹸工場は110周年を迎えました。

Marius Fabreの家族はもちろん、サロンドプロバンスの人々は、マルセイユ石鹸と同じように親しまれる名品になるよう、この石鹸をサロンドプロバンスの名品になるよう努力を続けています。

 

私たちはその一部になれることを嬉しく思っています。