Maison Arosteguy

1875年に創立されたメゾンアロステギーは、家族の話です。

最初はディリバンヌ叔父さんが会社を率いていましたが、1914年に彼の甥であるアルノーアロステギーが加わりました。

 

第一次世界大戦後、店は国外へと広がって行き、新しくイギリス人とロシア人の顧客を集めました。

更に、窓には英語の文字も書かれました。

 

第二次世界大戦の終わりに、店の通りに爆撃を受け、店も被害を受けました。

そしてこれがアルノーの息子であるフェリックスによって店の外観を変える機会となりました。

 

1960年代には、オペラ歌手のルイス・マリアーノや女優のキャサリン・ドヌープのような有名人が来店するようになりました。

 

1989年、フェリックスの孫であるピエールが代表取締役に就任しました。

そして彼は、世界中の台所で親しまれるブランド、「Maison Arosteguy」を作りました。

2000年にはpiment d,EspeletteはAOP(原産地保護呼称:産品が該当する地域で正当に生産されたものであることを証明する)に認定されました。