Les Salines de Guérande

 

ゲランデの塩はアージュドゥフェア半島にて収穫されました。

最初に収穫された塩は、ローマ帝国の征服の直後である、3世紀にもさかのぼります。

 

945年、 Landevennec修道院の修道士がBatzという会社を設立しようと始めたのが本格的なスタートでした。

海水の働き、風、太陽を学ぶことによって、修道士は、食塩水計画を描きました。

その技術は現在もほとんど変わっていません。

そのおかげで、その後何世紀にも渡り、ヨーロッパ全域でゲランデの塩の繁栄を確実なものとしました。

 

現在の搾取技術は9世紀に確立されました。

この伝統的な塩作りは、今も変わらず続いており、ゲランデの塩が現在も生き続ける事を可能にしました。